冬の体予防

冬は、冬眠の準備に入る野生動物がいるように、人間の体も「陽気」を収め、「陰気」を養う時期に入ります。夜は早く寝て、朝は少し遅めに起きてもいいです。寒気は、人の関節から侵入します。保温性の高い洋服を着て、特に背中と首筋、肩関節を冷やさないようにしましょう。
そして、忘れがちなのは足首です。寒気(東洋医学でいう「正気」を乱す「邪気」の一つ)は足元からも入り、体の上のほうに徐々に上がり、胃腸を冷やし、肺や気管の炎症、全身の関節の痛みどを引き起こします。足首を冷やさないようなファッションがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です