6月 梅雨の痛み

東洋医学的に、梅雨時 湿度、低気圧、の影響により疲れやすく、のぼせ、息切れ、睡眠不足、腰痛、肩こり

関節痛の症状が出現しやすくなります。

また、熱中症の注意も必要です。

予防はストレスを発散させ、悩み事を抱えず怒りを最小減に抑えます。

睡眠不足になりがちですが

朝少し早めに起きる習慣をつけることが大事です。

30分程度の昼寝も有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です