11月の養生 秋深まり乾燥に注意

秋冬は、東洋医学的に乾燥が進み体の陰精を消耗してしまう時期で、陰精を補うことと考えます。五臓六腑では、肺に良くないと考えます。肺の気が低下すると痰が絡みやすくなり、咳、のどの痛み等が出て風邪をひいてしまいます。また、肺気と関係のある皮膚の病気アトピー性皮膚炎もひどくなります。

予防は、温かいお茶を(100ml以下)を何回か飲む。うがいも大事、辛い物は多食しない方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です